国内で開催されるすべての公認競技会は。。。


日本陸連競技規則 第100条 総則。。。引用すます!「引用」でちゅお!ぷっ。
 ・〔注意〕IAAF規則の注意であり、国内競技でも適用する。
 ・【下線】国内非適用部分。
 ・〔国内〕本連盟独自に追加したもので、国内競技にのみ適用する。
国内で開催されるすべての公認競技会は日本陸上競技連盟(以下本連盟という)の競技規則に基づいて行われなければならない。このことは大会要項やプログラム等に明記しなければならない。
〔注意〕IAAFに加盟する国・地域は、自国内の競技会運営にあたってはIAAF規則の適用を推奨する。
世界選手権(屋外・室内)とオリンピック競技会を除く競技会において、競技をIAAF競技規則による方式によらないで実施することができる。しかし競技者にIAAF競技規則によるよりも多くの権利を与えるような規則は適用できない。これら競技会の形式は当該競技会の主催団体が決定すべきである。
〔国内〕国内競技会においても、競技会前の申し合わせにより、長さを競うフィールド競技の試技数を少なくしてもよい。

そうでちょ!日本陸連競技規則に基づいて行なわないとね。。。うん。うん。
ローカルルール(競技会主催者による競技規則!?)って、下線部分でちゅから国内非適用でちゅおね!(2010年度日本陸連競技規則から追加されてまちゅ!)

下線部分』って、「IAAF競技規則 第100条 総則」の翻訳みたいでちゅが。。。そうなっちゃうか!?