競技者に対する助力:イエローカード


日本陸上競技連盟競技規則:第2部 競技会一般規則(ルールブック2011年)
第144条 競技者に対する助力(PDF:P6~)より引用。
競技中・競技場内で、助力を与えたり受けたりしている競技者は、
 * 審判長によって警告される。(イエローカード)
 * さらに助力を繰り返してると「失格」を勧告される。(レッドカード)

読解力に乏しいオジちゃま:一発失格じゃなかった!一安心。
 * 初回の警告(注意)で、素直に従いまちゅ。。。返事は「ハイ!」
 * 審判長に見つからないように iPhone を。。。左右前後指差し確認!ぷっ。
 * 確信犯(リスト入りしてりゅ?いや~ん!)はダメでちゅね。。。

第95回日本陸上競技選手権大会(♂110mH決勝)スタート遅延行為
助力(マッサージ)を受けてたアスリートは、スタートラインに居ますたから、初回警告(イエローカード)のみで済んだのでしょう。。。。

未病(男は8の倍数・女は7の倍数)発症(2012年)の喫煙メタボ腹偽あすり~と!
養命酒を飲んだら横着病も完治しちゃう!?